食べ物と飲み物

ミーバソ

ミーバソ

バンドンにある食べ物の一つを紹介します。バンドンに来たら、Mie Baso(ミーバソ)は非常におすすめです。ミーバソは元々中華料理の一つですが、インドネシアの文化が中国の文化と混ざりあって、このミーバソが生まれました。 「ミー」は「麺」で、「バソ」は「肉団子」という意味です。基本の材料は、麺と肉団子と出汁です。それだけじゃなくて、いろいろな材料を入れることもあります。春雨や卵麺などを麺として入れたり、バソも牛肉以外に、鳥肉とか魚で作られたりします。その他に、野菜や餃子、豆腐なども一緒に食べたりします。 バンドンの人々にミーバソはとても人気があり、売っている店があっちこっちで見られます。小さい店も大きい店でもミーバソを売っている店が多いです。 インドネシアではいろいろな民族や文化があるので、最近ではこのミーバソのバリエーションがだんだん増えてきています。地方によって、ミーバソの味がちょっとずつ違います。インドネシアを旅行しながら、いろいろなミーバソを食べてみるのも、とても面白いと思います。 では、いろいろなミーバソの味を食べるために、インドネシアの色々な地方へ行かなければならないのでしょうか?いいえ、その必要はありません。バンドンでも色々なミーバソを食べられます。MIE BAKSO BERANAK(ミーバソブラナック)とか、 MIE BASO KEJU(ミーバソケジュ)もバンドンにあります。MIE BAKSO BERANAKは、バソが大きくて、その大きなバソの中に、小さなバソがたくさん入っています。MIE BASO KEJUはバソの中にチーズが入っています。これはモダンなミーバソですが、モダンなミーバソを食べてみる前に、オリジナルのミーバソを食べてみるのがおすすめです。 バンドンのミーバソの店をいくつかおすすめしたいと思います。まずはインドネシア教育大学の大学院食堂のミーバソが大変おすすめです。そしてBASO BINTANG AVON(バソビンタンアフォン)という店のミーバソも凄く美味しいです。 ミーバソはバンドンの気候に合うので、バンドンの涼しさを楽しみながら、ミーバソを食べてみてはいかがでしょうか。

ロテック

ロテック

ロテック(Lotek)はスンダの伝統的な料理です。この料理の形はガドガド、カレドック、ペチェルという料理と似ているので、区別がつかない人も多いです。しかし、ロテックの味は、他のインドネシア風のサラダより甘いです。インドネシアのサラダを食べてみたいけれど、辛いものが食べられないなら、ロテックはピッタリです! ロテックの作り方は簡単です。全部の野菜を茹でて、ソースになる材料を潰します。そのあと、ゆでた野菜の上にかけて完成です。野菜の材料は空心菜、サヤインゲンです。そしてソースの材料は豆、唐辛子、にんにく、タマリンド、黒砂糖、塩、ライム果汁、水です。 まず野菜を茹でます。ソースは材料をすり潰して、少し水を加えて混ぜます。水気を切った野菜の上にソースをかけて完成です。 ロテックは一般的にスンダ料理のレストランで売られています。値段はRp10.000くらいです。オススメのお店は、Lotek Kalipah Apo(ロテック・カリパーアポ)、Lotek Cipaganti(ロテック・チパガンティ)、とLotek Macan(ロテック・マチャン)です。

ルジャック

ルジャック

ここでは、ルジャックという果物の料理について紹介します。この食べ物はとても人気で、バンドンに住む人のほとんどが食べたことがあるでしょう。味と種類は各地で違います。 はっきりとしたルジャクの歴史は不明ですが、この食べ物は私たちの先祖の時代から存在しています。果物や野菜を切った後、ソースに入れます。 西ジャワには、妊娠7ヶ月の女性に、近所の人がルジャックをあげる、という慣習があります。味が甘いと感じれば、赤ちゃんの性別は女の子で、酸っぱいと感じれば男の子だという迷信があるそうです。 一般的に、味は甘辛です。暑い日に、昼ご飯としてルジャクを食べると、とても美味しいと思います。 また、ルジャクの材料は果物で作られているので健康にもいいです。 ルジャックはどこでもあり、簡単に見つけられます。一般的には、値段がRp5.000くらいで安いです。 ルジャクの材料には、まだ熟していない果物を使います。材料と作り方を紹介します。 使われる果物は、例えば、 マンゴー キュウリ パパイヤ ブンコアン(葛芋、ヒカマ) グアバ パイナップル ソースの材料は、 唐辛子 タマリンド ブラウンシュガー 塩少々 作り方はまず、唐辛子と果物を全て洗ってください。そのあと、キュウリとグアバ以外の果物の皮をむきます。そして、全ての材料を小さく切って、 皿の上においてください。...

エスドゲル

エスドゲル

Es Doger はインドネシアの伝統的な飲み物のひとつです。Es DogerはEs Gerobak Dorongという意味です。なぜなら一般的にes doger は歩き回りながら販売されています。今は道端のワルンやレストランでも簡単に見つけられます。 Es Dogerの中にはタペ (もち米を麹菌で発酵させた食べ物)、黒いもち米、パンとPacar Cina、Kolang KalingとSelasih、CendolまたはDawet Hijau、コンデンスミルク、アイスが入ってます。しかし、そのEs Dogerがアイスになったものもあります。ココナツミルクやココナツ、砂糖、コンデンスミルクで作られていて、冷蔵庫で冷やされています。 Es Dogerには、沢山の種類の味があります。例えば、アイスクリームをのせたり、シロップをかけたりする場合もあります。暑い時にEs Dogerを食べるととても美味しく、喉がとても潤います。

チレン

チレン

バンドンと言えば思いつくのは「チレン(Cireng)」ではないでしょうか。チレンはバンドンの伝統的な食べ物です。チレンは「Aci digoreng」の略で、意味は「炒めたタピオカ」です。この食べ物は80年代から流行し始めました。チレンの主成分はタピオカです。値段も安く、味も美味しい、どこでも売っている手軽な食べ物です。自分で作りたい場合も簡単です。 材料はタピオカ、小麦粉、ネギ、にんにく、塩、水だけです。チレンは元々あまり味がなく、塩味だけでした。ですから、昔はチレンに味をつけるためにBumbu kacangと一緒に食べました。今のチレンは、味が既についていて美味しいです。現在のチレンには何種類か味のついた具があります。それはCireng Isiと呼ばれます。鶏肉や牛肉、チーズ、Bumbu Kacangなど、色々な味があります。現在チレンの味はたくさんありますが、一番面白い味はスパゲティーです。 美味しいチレンの作り方を紹介します。まずはタピオカ500g、小麦粉200g、ネギ、にんにく5つ、水400ml用意します。 ネギを薄切りにして、にんにくをすりつぶします。それを水や塩と一緒に煮ます。水が沸騰したら、タピオカ大さじ5杯をその沸騰した水に入れ、混ぜます。よく混ざったら残りのタピオカを入れ、また混ぜます。そうすると練り粉がもっと柔らかくなります。長い時間混ぜすぎないように注意してください。次は、その練ったタピオカを好きな形にします。中にちゃんと具をいれることを忘れないでください。できたら、それに小麦粉をまぶして炒め、出来あがりです。熱いうちに食べると、さらに美味しいです。

テンペ・ムンドアン

テンペ・ムンドアン

インドネシアには、テンペ・ムンドアンという料理があります。バニュマスという地域で生まれた食べ物です。「ムンド」というのは「半分調理済み」、または「柔らかい」という意味です。そして「ムンドアン」というのは「早く、熱い油で作る」という意味です。この料理は、普通テンペと豆腐から作られます。 テンペ・ムンドアンは暖かい時にサンバルケチャップで食べると美味しいです。 この食べ物をバンドンで見つけるのは簡単です。昔ながらのレストランで簡単に見つることができます。この料理はご飯として、またはデザートとして食べても美味しいです。値段はRp16.000くらいです。

チェンドル

チェンドル

Cendolはインドネシアの特別な飲み物で、西ジャワや中部ジャワで見かけることができます。西ジャワでは’Cendol’ とよばれ、中部ジャワでは’Es Dawet’ と呼ばれています。歴史が古く、Majapahit時代から存在しているそうです。Cendolの見た目は面白く、緑で、楕円形で、プニプニとした食感をしています。多くの場合、Cendolには氷、赤砂糖、ココナッツミルクが入っています。 昔、CendolはHunkweという小麦粉のひとつから作られましたが、現在は、米粉からつくられています。 作り方は簡単です。まず、米粉に緑の着色料をまぜて練り、それをフィルターに通します。そのフィルターを通すと、楕円形になります。そのあと、米粉に氷、黒砂糖、ココナッツミルクを入れます。 Cendolは甘くて美味しいので、時々、デザートとして食べられます。ラマダンの時期、夕方の断食明けの時に、たくさんCendol屋が立ち並びます。例えば、Jalan Buahbatuという通りに、Cendol屋が沢山並んでいます。 また、Bandungには人気の店もあります。例えば、Cendol Elizabethという店です。そのお店では、トッピングを追加することができます。ドリアンや小豆、ジャックフルーツなどをトッピングすることができます。私のおすすめは、Timun Suriとジャックフルーツのトッピングです。より美味しくなるでしょう。

ボルススレンバン

ボルススレンバン

Bolu Susu Lembang(BSL)は、2017年12月17日にCiwalk BandungでCita Rasa Bandungの製品として初めて発売されました。Bolu Susu Lembangは、同時に3種類の味を紹介しました。それはオリジナルの味とChocolate MilkとVanilla Milkです。なぜBolu Susu Lembangと呼ばれるのでしょうか。 Bandungの、特にLembangでは牛乳を生産する農場で有名です。そして、Bandungを紹介するために、この製品が作られました。牛乳が、美味しいスポンジケーキの材料になることを紹介しました。 スポンジケーキは柔らかい食感で、子供やお年寄りに人気です。最高品質の新鮮な牛乳が、柔らかい食感の鍵です。品質がいいため、Bolu Susu Lembangは正しく保存すれば数日間保存することができます。直射日光を避け、室温で4日間、冷蔵庫sでは最大7日間保存することができます。 Bolu Susu Lembang の値段はRp30.000からです。...

アヤム・グプレック

アヤム・グプレック

バンドンは食で有名ですが、今日、バンドンには新しい食べ物も沢山増えました。例えば、Ayam Penyetや Ayam Geprek 、Bakso Mozarella、 Pisang Nugget などがあります。 特に人気なのはAyam Geprekという料理です。辛いものが大好きな若者たちがAyam Geprekをよく食べています。売っている店もたくさんありますが、そのうちの一つ、「Ayam Geprek Bebas」というお店について紹介します。 Ayam Geprek Bebas / Ayam Geprek...

チュアンキセラユ

チュアンキセラユ

バンドンを訪れるなら、Cuanki(チュアンキ)という食べ物を食べてみなければいけません。チュアンキはバンドンで広く知られている、豆腐と麺が入ったバソ(ミートボールのような料理)のスープです。 バンドンでは、住宅街を売り歩いており、その方法から「徒歩でお金を稼ぐ」という意味の言葉を略してチュアンキという名前になったそうです。 バンドンで美味しいチュアンキを食べられる場所は、チハピットにあるジャラン・セラユにある「チュアンキセラユ」というお店です。チュアンキセラユは1990年代に創業されました。チュアンキセラユは伝説的なお店なので、この場所は常にお客さんでいっぱいです。 その美味しさと手頃な価格によって、このお店は人気があります。チュアンキセラユの看板メニューには、バソ、豆腐、シュウマイ、揚げシュウマイ、揚げパンシットがのっています。ハーフサイズのものには、そのうちの3つが入っています。 そして、ここではバタゴールというバンドン料理も販売しています。 価格は一皿Rp17.000、ハーフサイズ:Rp10.000です。 毎日11:00~19:00まで営業していますが、金曜日は13:00~19:00の営業です。レストランの内の席、又は外の席で食べることができます。 お客さんが多く、チュアンキがすぐ売り切れてしまうので、早めに行くことをお勧めします。 バンドンを訪れる際には、このチュアンキセラユに来ることをお忘れなく! 〶 Jl. Serayu No.2, Cihapit, Kec. Bandung Wetan, Kota Bandung, Jawa...

Page 3 of 5 1 2 3 4 5

POPULAR NEWS

EDITOR'S PICK