食べ物と飲み物

スラビ

スラビ

ここではバンドン料理のスラビを紹介します。 スラビはココナッツミルクや小麦粉から作られ、「tungku」という容器で焼きます。 スラビはほかの町にもありますが、例えばソロという場所では「セラビ」という名前であるように、別の名前でも売られています。スラビは元々インド由来のものだという説もあります。 味の種類は二つあります。一つ目は甘い味、もう一つはしょっぱい味があります。 甘いスラビは「kinca」がかかっています。「kinca」と言うのは黒砂糖のシロップです。しょっぱいスラビの方は「oncom」という、肉の具が乗っています。 よくバンドンの人は、パンのように、ご飯のかわりにスラビを食べます。朝食として温かいスラビを食べると、とても美味しいです。 最近では、スラビには色んな種類があります。例えば、お茶の味や、チーズ味、チョコレート味などがあります。ぜひチャンスがあったら食べてみてください。

ウビ・チレンブ

ウビ・チレンブ

多くの人がこの食べ物の名前を知っています。「ウビ・チレンブ」は、西ジャワ州の様々な観光地で見つけることができます。しかし、このサツマイモはスメダンの特産品で、スメダンのパムリハン地区のチレンブ村の農園でしかうまく成長できないと言われています。 それは甘く、焼くと独特な味がでるので、一般的にウビ・チレンブは焼いて販売されています。芋を焼くと、外側は乾燥して硬くなりますが、中身は黄色く、ホクホクになり、そしてキャラメルや蜂蜜のような甘さになります。2時間ほどオーブンで焼くと、とても甘くて美味しくなるでしょう。このウビ・チレンブには、ビタミンA、ビタミンBおよびビタミンCが多く含まれ、健康にも良いです。 ウビ・チレンブは1990年代から人気があります。このウビシレンブは1キログラムRp.15,000で販売されています。 バンドレックやバジグル、またはビターコーヒーと一緒にお楽しみください。時間がたてば、このウビシレンブは蜂蜜のように甘い味になるので、チップやドドル(もちもちしたおやつ)、ソース、シロップ、ジャム、小麦粉などの製品にする人もいます。

バンドロス

バンドロス

「バンドロス」は西ジャワの伝統的な食べ物の一つです。バンドロスは多くの人に昔から愛されています。西ジャワの人のバンドロスの食べ方は2つあります。一つ目はバンドロスの上に砂糖をかけ、味を甘くします。そして、もう一つは 砂糖なしでしょっぱくする食べ方です。ですが、現在は辛い味やチーズ味などもあります。普通辛い味のバンドロスには、チリソースがかけられています バンドロスの材料は、米粉と 塩、ココナッツ、 卵、水、砂糖です。作り方は まず、ココナッツミルク、米粉、塩を沸騰させながら、固まるまで混ぜます。そして、混ぜながら、水と 卵を加えます。その後、バンドロスの練り粉を、専用の焼き型に入れて、調理します。 バンドンには、バンドロスバスというものもあります。2014年からこのバスは運営されています。名前は食べ物のバンドロスに由来しています。バンドロスバスの正式名称は「Bandung Tour on The Bus」です。なぜ名前がバンドロスかというと、それは観光客に注目してもらうためです。もしもまだ乗ったことがなかったら、バンドロスのバスに乗りながら、食べ物のバンドロスを食べてみてください。きっと面白いと思います。

セベラック

セベラック

この料理は「Seblak」と言います。Seblakはどこでも見つけることができます。数種類のクラッカー、マカロニ、バタゴール、シュウマイからつくります。 自分で作ることもできます。クラッカー、卵、塩、砂糖、チリ、ケンカーを用意してください。最初に、全ての調味料を炒めて、卵を入れ、そして茹でたSeblakを入れます。辛い調味料をどれくらい入れるかはお好みです。 Seblakはとても辛くて、食べすぎるとお腹が痛くなってしまうので、食べ過ぎないように注意してください。

バタゴール

バタゴール

これから、「バタゴール 」という食べ物を紹介します。 バタゴールとは、バソ・トフ・ゴレンの略です。この食べ物は若者に人気です。なぜなら、この食べ物は道端で沢山売られていますし,値段も安く,その場で食べるか、持ち帰りか選べるからです。 材料: 白い豆腐:6個、4×4×2cmで斜めに切る。 溶き卵:卵1個 サバのすり身:75g タピオカ粉:大さじ3杯 長ネギの薄切り:1~2本 セロリみじん切り:1茎 にんにくみじん切り:1片 塩:小さじ半分 コショウ:小さじ2分の1 油 バタゴールには2つ食べ方があります。 1つ目はまずバタゴールをボールに入れて、そしてお湯を入れます。2つ目は、バタゴールを皿に入れて、ピーナッツソースを上に注ぎます。どちらの食べ方も美味しいです。

サテマランギ

サテマランギ

西ジャワで一番有名なサテはサテ・マランギです。サテ・マランギは本格的なインドネシアの料理です。味は甘くて、ちょっとしょっぱく、とても美味しいです。サテ・マランギの原材料は主に牛肉です。しかし、羊肉も美味しいです。肉はとても柔らかくて、食べやすいです。 サテ・マランギの作り方は、香辛料と一緒に肉を串焼きにします。一般的に白米とトマトサンバルと一緒に提供されます。西ジャワに有名なサテのレストランがあります。そのレストランの名前は「Sate Maranggi Haji Yetty Cibungur Purwakarta」です。プルワカルタへ行くなら、ぜひサテ・マランギを食べてみてください!

ワジットチリリン

ワジットチリリン

バンドンには名物の食べ物がたくさんあり、食べてみるのは面白いです。食べ物から飲み物まで、バンドンには色々あります。今回はバンドンの伝統的なお菓子を紹介したいと思います。バンドンの伝統的なお菓子の一つは「ワジット」です。 味はとても甘いです。なぜならワジットはココナッツシュガーで作られています。ワジットの味は甘すぎると感じる人もいるかもしれません。でも、最近は様々な種類の味が出ています。例えば、イチゴ味・コーヒー味・ドリアン味などもあります。ワジットの工場の多くはチリリンにあります。 ワジットの材料は、ココナッツシュガーともち米、ココノッツミルク、塩、タコノキで作られています。そして包装はとうもろこしの皮です。ワジットの作り方は; まず、もち米を蒸します。 次に、ココナッツシュガーとココノッツミルク、タコノキ、塩、水を一緒に鍋にいれて煮ます。そして沸騰するまで混ぜます。 そして蒸したもち米を鍋に入れて一緒に混ぜます。 鍋で煮た後、容器にいれて、生地が固くなるまで冷やします。 最後に、ワジットを小さく切って、とうもろこしの皮で包みます。 出来上がりです。

Kue Cubit

Kue Cubit

「Kue Cubit」はバンドンの甘いお菓子です。 昔は、学校の前の露店で売られていました。しかし、現在「Kue Cubit」は有名なカフェや喫茶店、レストランで革新的なスナックメニューとして提供されています。昔のKue cubitには今ほど多くのバリエーションがなく、形も同じでした。一般的なKue Cubitの形は丸です。ですが、今の形はいろいろな形があります。花や、ハート、星、雲の形があります。今では、味にもバリエーションがたくさんあります、例えば、レッドベルベット、抹茶、ヌテッラやチョコレートなどです。 Kue Cubitは若者の間で人気です。なぜ人気なのでしょうか?その理由は、Kue Cubitは安くて、甘く、柔らかくて、味のバリエーションがたくさんあって美味しいからです。スナックに最適だと思います。 Kue cubitはバンドン発祥ですが、ジャカルタなどインドネシアの各都市で有名です。 Kue cubitは卵や粉や少しの牛乳、砂糖(または、バニラパウダーか抹茶パウダー)や水で作ります。調理する手順もとても簡単です。材料や手順が簡単なので、自分で作ることもできます。しかし、Kue cubitを調理するために特別な鉄板が必要です。 「Kue cubit」はドイツの「Poffertjes」に、形と味が似ています。

ペイェムバンドン

ペイェムバンドン

Peyeumは、街の通り沿いで簡単に見つけられる、バンドンの名物の一つです。キャッサバから作られている、ユニークな食べ物です。 美味しく価格は非常に手頃です。 Peyeum の作り方 : 最初にキャッサバの皮をむき、洗います。 キャッサバを蒸します。 キャッサバにイーストをふりかけてから容器に入れます。 きつく蓋を閉じてから3日~5日待ちます。 Peuyeumが熟して完成です。

ソトバンドン

ソトバンドン

バンドンの食べ物と言うとたくさんありますが、その一つは「ソト・バンドン」です。ソト・バンドンは有名で、バンドン各地で売っているので、見つけるのは簡単です。 「ソト・バンドン」という食べ物は肉入りのスープのような食べ物です。使われる肉は牛肉が一般的ですが、鶏肉を使うこともあります。昼ご飯に何を食べるかまだ決まっていない時には、ソト・バンドンはぴったりだと思います。なぜなら、味が美味しいく、値段もそんなに高くはなく、栄養もあるからです。 実は「ソト」には、たくさんの種類があります。例えば「ソト・ブタウィ」や「ソト・ラモンガン」や「ソト・パダン」などがあります。では、「ソト・バンドン」と他との違いは、他の「ソト」にはココナツミルクが入っていますが、ソト・バンドンは入っていないことです。そして大根が入っているのがソト・バンドンの特徴です。 作り方も、あまり難しくありません。の主な材料は牛肉と、ダイコン、揚げたピーナッツ、お水、砂糖、塩です。まず、牛肉を賽の目に切って、水で煮てください。牛肉が柔らかくなったら、ダイコンと調味料を入れてください。最後に、皿に盛って揚げた豆を入れて、熱いうちにご飯と一緒に食べてください。 バンドンに来た際には、是非ソト・バンドンを食べてみてください。

Page 2 of 5 1 2 3 5

POPULAR NEWS

EDITOR'S PICK