公共施設

アルンアルン・バンドン

アルンアルン・バンドン

バンドン広場(Bandung Square)は長い歴史を持つ場所でバンドンの中心に位置しています。アルンアルン・バンドン公園は、地元の人々がピクニックをしたり、友人や家族と写真を撮るためによく訪れる観光スポットの1つです。入場料は無料なので、毎日たくさんの人びとでにぎわっています。 アルンアルン・バンドン公園は人工芝生が使用されています。以前は石畳が敷き詰められていましたが、それが原因でかなりの暑さを感じるため不評でした。そこでリドワン・カミル市長によって再整備され、以前よりも快適に使用できるようになりました。快適な人工芝だけでなく、アルンアルン公園には整備された花壇やブランコがあり、たくさんの人が思い思いに過ごしています。公園内は定期的に見回りされているので安心して時間を過ごすことができます。 入場料 なし 営業時間  年中無休 アクセス レウイ・パンジャンターミナルからダムリ・バスのレウイ・パンジャン-行きに乗り30分、フセイン・サストラネガラ空港からタクシーで25分 〶Jl. Asia Afrika, Balonggede, Regol, Kota Bandung 40251

バンドンの0キロメートル

バンドンの0キロメートル

バンドン市の中心、0キロメートルの場所はアジア・アフリカ通りの西ジャワ州高速道路事務所の正面にあります。オランダの第36回インディーズ総督総裁のHerman Willem Daendelsがこの地点をバンドンの中心として決定しました。1810年、WiranatakusumahとDaendelsはGrote Postwegという名の道が通る森林地帯を訪れました。そしてDaendelsはある地点に棒をさし「私が次に来るまでにここを中心とした都市を完成させろ」と命じました。それが1810年9月25日で、その日はバンドンが誕生した日になりました。Daendelsはインドネシアが支配されていた間のPost Roadの開発でも有名です。 DaendelsはJava Islandの北に沿って伸びるAnyerからPanarukanまでの高速道路も建設しました。その長さは約1000㎞にも及びます。 高速道路の建設はインドネシアに多くの利益をもたらしました。しかし、当時のDaendelsの統治方法は非常に残酷だったと言われています。高速道路を建設するために、人々は強制労働を強いられました。労働者は賃金をもらわず働かされました。他のプロジェクトでも多くの死傷者が発生しました。多くの労働者は亡くなっても、埋葬されませんでした。 この記念碑0キロメートルは2004年に西ジャワ州知事によって設置され、同じところには古代のフライス盤(stoomwals)の記念碑もあります。 入場料 なし 営業時間  毎日、24時間 アクセス フセイン・サストラネガラ空港からタクシーで20分、レウイ・パンジャンターミナルから15分、バンドンの駅から20分。 〶Jl. Asia Afrika No.79, Braga,...

POPULAR NEWS

EDITOR'S PICK